用語のブレを押さえ、用語の統一を実現 「PrimeTerm」 用語統一/管理支援システム

製品特長

パソコンやサーバのイラスト

■ 用語の統一業務支援に特化したシステム

表現の違いによるトラブルを防ぐために、ボタン・メニュー・エラーメッセージの表示など、 インターフェースを介してユーザーが目にする「用語」の表現を統一することは、 使いやすい製品を開発する上において重要な要素です。また、派生モデルの多い機器や歴史を重ねた機器では、 既存ユーザーへの配慮が必須です。PrimeTermは用語統一作業に効果的な機能を揃えています。

■翻訳のスピードと正確性を向上

翻訳支援ツールTRADOSとの連携機能が充実しています。今まで構築してきた資産(Excelデータ等) を生かしてデータベースの構築を行うことが可能です。既存のExcelファイルをインポートする機能が 搭載されているため、簡単にデータベースの構築を行うことができます。

※TRADOS・・・・TRADOS(トラドス)は、トラドス社が開発した文書の翻訳を支援する翻訳支援ツールです。

導入に最適な業界

用語担当者・翻訳者・ライター・商品企画者などがコラボレーションできるイメージ画像
  • ユーザーインターフェース画面を持つ機器やGUIソフトウェアの開発設計
  • 多言語対応の文書を作成する業種(家電・工作機械・光学・医療・製薬・化学・印刷・マニュアル等)

導入のメリット

■一貫した用語の統一に効果を発揮

PrimeTermを導入することにより、今まで機種別や時代別、 言語別にまちまちな管理がされていた用語を統一できます。営業活動で使用することにより、 製品本体だけではなく商品ブランディングの向上にもパフォーマンスを発揮します。

■最適な翻訳語を素早く探し出せる

メーカー独自の翻訳語をTRADOSと連携させることにより、マニュアルやカタログなど、 加筆・修正が繰り返される文書の翻訳用語を管理する際に、開発工程での手戻りや 無駄な翻訳費用の発生を防ぐことが可能になります。

改善のポイント

■用語管理における問題

多言語展開している製品が多い場合、多くの企業で以下のような問題が挙げられています。

用語管理における問題の例、人の問題・言語数の問題・ラインナップの問題が翻訳費用の発生やヒューマンエラーによる文字欠落発生、それに伴う品質の低下の問題があります。

■改善できるポイント

1.担当者別に用語のばらつきが見られる場合。2.派生モデルやラインアップが多い場合
img

PrimeTermは、更新履歴機能や、更新連絡機能が充実しています。 類義語などの扱いが難しい用語も、DATAを一元管理・共有できるので、 部署の違いや担当者の認識違いで用語がばらつくことがありません。

担当者別に用語のばらつきが見られるイメージ画像 img

複数の派生モデルや、多ラインアップの場合開発期間が長期と なる場合があります。共通化を並列で行えるため用語に関わる開発の手戻りを 総合的に抑え、開発期間を短縮することが可能です。

派生モデルやラインアップが多いイメージ画像 img
3.多言語での対応が必要な場合 4.ブランドで用語統一がなされていない場合

対応言語に不慣れな担当者が用語の管理を行うと一貫性が 失われる場合があります。複数言語を管理する場合に再利用しやすい機能と、管理しやすいUIを備えています。

多言語での対応が必要なイメージ画像 img

対応言語が系統別・製品別で管理できるため、 製品開発時から販売促進時まで、社内で一貫した情報を管理できます。

ブランドでの用語統一が必要なイメージ画像 img
img

ワンステップで重複が確認できるインポート機能

インポート作業終了時に表示されるダイアログ画像

担当者が個人持ちしているExcel用語集をデータベースに読込みます。 この時、担当者間で同一用語があれば、取込み時判定し、重複取込を防止します。

取込み時の担当者名、ファイル名を管理データとして保持できます。

インポートの時点で重複のボリュームが判断できます。 エクスポートされた書類は、1つにまとめて、書類として書き出すことが可能です。

条件変更も簡単な検索機能

「結果を出力」のボタンを押してExcel形式のデータが出力されるイメージの画像

同時に3項目のand、or検索が可能です。対象として、 全文・特定言語(日本語、英語、仏語等)での条件設定が出来ます。

検索内容をExcelにエクスポート可能です。TRADOSの用語ファイルへ インポート可能なファイルをエクスポートします。

ユーザーが追加できる属性もあり、用途によって使い分けの出来るファイルの作成も可能です。

「結果を出力」ボタンでExcel形式のデータが出力されます。

管理機能に優れた多言語チェック

重複データがある場合の表示例。重複している情報は赤字で表示されます。

取り込んだ用語データのベース言語(特定言語。主に英語)内で、 同一用語の有無を調べ、多言語翻訳の統一性を促進させるための機能です。 用語のわずらわしいチェックが不要。用語不一致による再作業が発生しません。

ベース言語が重複し、多言語が異なる用語例をExcelにエクスポートし、 担当者判断で1つに統合、それをインポートします。

これにより、データベースは1つに統一された用語のみ表示できます。

重複データがある場合の表示例。重複している情報は赤字で表示されます。

情報の共有化もスピーディ

送られてきたメーリングリストのメール画像

複数のメンバーで作業中、遠隔地での共同作業であっても、 メンバーの一人が用語を変更した場合、あらかじめ指定したメーリングリストで、変更履歴を共有。

関係者に素早く変更内容が連絡可能です。

運用フロー

■前準備ステップ

PrimeTermではTradosデータ等今まで構築してきた資産を生かして データベースの構築を行うことが可能です。

前準備STEP1

重複データを検出して、適切な選択肢としてまとめる事が可能です。

用語担当者がPrimeTermサーバーにファイルを転送、サーバ上で用語を整理します

前準備STEP2

あいまいな用語の検索・抽出を行います。

用語担当者が用語のブレを整理します

■業務のフロー

ライター・用語担当者・翻訳者の共有作業とTRADOSでの連携により、 用語の統一が促進できます。



運用1

新規で用語を登録する業務
未翻訳用語の検索結果をもとに、多言語翻訳の展開


用語担当者・ライターが用語を登録し、更新します

運用2

担当者が新規言語の依頼を翻訳者に行うとき

用語担当者が翻訳者に依頼して、翻訳をした後、サーバーに新規用語をアップロードします

運用3

翻訳者がデータをTRADOSへエクスポートして活用

翻訳者が用語データをTRADOSサーバーへエクスポートしてTRADOSで活用します

line

運用4

用語辞書として使用するとき
ユーザークライアントからデータベースを直接検索


用語担当者がサーバーからデータベースを直接検索できます

line

運用5

オプション : 各種ファイル形式でのエクスポート
各種用途に合わせて、出力をカスタマイズ可能です。


オプション仕様で、サーバーから各種ファイルをエクスポートできます

導入事例

導入前は担当者ごとに用語管理フォーマットがバラバラなため、翻訳者が不確定要素が多い用語管理シートが作成されます

安易な用語の追加やそれに伴う翻訳費用の発生、ヒューマンエラーよる文字欠落発生やそれに伴う品質の低下が問題点です

■機種別に用語集を個人ごとにExcelで管理
■用語追加の際、既に登録済み用語かの検証が行えていなかった

■翻訳依頼ファイルを用語集からのコピー/ペーストで作成した
■翻訳済みファイルを用語集に戻す際もコピー/ペーストで対応した

導入後は、複数の用語担当者や、翻訳者、ライターがPrimeTermサーバーでのデータ一元化した用語を活用できます

1機種あたり150〜200時間の作業工数、1機種あたり50word×7言語分の翻訳費用削減など、コストの大幅削減が実現できます。

■重複翻訳、品質不良によるやり直しを削減
■コピー/ペースト作業を自動化し、ヒューマンエラーを削減

PrimeTermクライアント側環境

OS Microsoft Windows XP SP2,SP3 /
Microsoft Windows Vista / Microsoft Windows 7
CPU Intel Pentium III 1GHz 以上
または同等の互換プロセッサ
Memory 512MB以上
HardDisk 約1GBのハードディスクの空き容量
Software .NET Framework 2.0
アプリケーションの表示 日本語・英語

PrimeTermサーバー側環境

OS Microsoft Windows 2003 Server,
Windows 2008 Server
CPU Intel Pentium III 1GHz 以上
または同等の互換プロセッサ
Memory 1GB以上
HardDisk 約10GBのハードディスクの空き容量
Software SQLServer2005,SQLServer2008

お問い合せ

■PrimeTermに関するお問い合せは下記にご連絡ください。

YAMAGATA INTECH株式会社 ソリューション統括部
担当 : ソリューション部 野川
TEL : 03-3458-2545
FAX : 03-5715-2680
メールアドレス : primeterm@yamagata-intech.jp

当社は収集した個人情報をお問い合わせに対する必要な範囲内で利用致します。


■YAMAGATA INTECH PrimeTerm担当所在地:

〒140-0001 東京都品川区北品川3-3-5 北品川御殿山ビル 7階
YAMAGATA INTECH株式会社
http://www.yamagata-intech.jp/

PrimeTermtopへ