事業内容
取扱説明書・
マニュアル制作
翻訳・
ローカライズ
DITAプロフェッショナルサービス
ドキュメント制作
システム開発
デザイン
外国人専用人材
派遣・紹介
製品・サービス
海外制作体制

DITAプロフェッショナルサービス

YAMAGATA INTECHでは、国内でいち早くドキュメント制作にDITAおよびCCMS(Component Content Management System)を導入した、DITAのパイオニアです。社内でのDITA運用ノウハウを活かして、一般のお客様向けにDITA導入支援のプロフェッショナルサービスを提供しております。

DITAとは

DITA(Darwin Information Typing Architecture)は、ドキュメント制作手法のグローバルスタンダードです。DITAはXMLをベースにした規格で、国際的な標準化団体であるOASIS(Organization for the Advancement of Structured Information Standards)によって規格化されています。

DITAは、ドキュメントのデータ形式だけでなく、ドキュメントの制作・発行・配布までを網羅する規格です。ドキュメントを部品化し、それらを自由に組み合わせることによりドキュメントを構成します。ドキュメントの部品のことをトピック、トピックの組み合わせを決める設計図のことをマップと呼びます。

DITAとは

DITAの特徴

マップに従って構成されたトピックを自動組版することにより、PDF、HTML、HTML Help、ePUB、e-Learningなどの、さまざまな出力物を生成できます。いわゆる、ワンソース・マルチアウトプットが実現可能です。 トピックは製品を構成する部品と同じように、複数のドキュメント間で再利用できます。このため、派生モデルを多く開発するメーカーには、DITAが適しています。また、多言語のドキュメントを制作するメーカーにもDITAは適しています。言語の数が増えても、出力物の組版は、XMLのタグに基づいて自動的に行われるためです。 「ドキュメントの制作コストを削減したい」、「ドキュメントの制作工期を短縮したい」と考えている企業のご担当者は、是非、DITAの導入をご検討ください。

主な実績

業界: オフィス事務機器、機械、プラント、自動車、医療機器、通信機器、ゲーム
ドキュメント: 取扱説明書、サービスマニュアル、FAQ、APIリファレンスマニュアル

  IAコンサル 導入支援
CCMS
ユーザー教育 データ
変換
運用
サポート
ホスティング 開発(PDF)
スタイルシート
開発(Web)
スタイルシート
支援
ライティング
翻訳 制作
A社          
B社       
C社   
D社   
E社     
F社          
G社     
H社         
I社           
J社          
K社     
L社           

提供サービス

DITA導入に必要なサービスをワンストップで提供します。

DITA導入のプロセス

DITAの導入

DITA導入のプロセス(例)

DITA導入のプロセス

お問い合わせ先

YAMAGATA INTECH株式会社
新規ビジネス部 CMS R&D
TEL : 03-3458-2540
FAX : 03-3458-2503